子どもの病気

いつまで薬を飲み続ける?RSウィルス体験談

咳をする赤ちゃんのイラスト

夏の終わりから春先まで寒い時期を中心に乳児の間で流行するRSウィルス。
今回は子どものRSウィルス体験談をお送りします。

良識ネコ

この時期鼻水ずるずるの子どもって本当に多いよね~


保育園に通い始めて数か月後・・微熱でお迎え


RSウィルスは2歳までの乳児が100%かかる呼吸器系の感染症です。
感染力が強いため、保育園通いの乳児は避けては通れないものでもあります。
保育園に通いはじめの初年度は確実に感染するでしょう。
月齢が小さい赤ちゃんほど重症化する確率が高いため、鼻水や咳、熱の症状があれば早めに受診することが大切です。

我が子も保育園に入園した初めての冬、しっかりRSウィルスにかかりました。
幸い重症化することはなく、通院し処方された薬のみで乗り越えることができました。

症状は鼻水・咳・発熱


我が子のRSウィルスの症状は微熱と鼻水&咳。
一般的な症状ですね。
重症化すると肺炎になってしまうケースもあるので注意が必要です。

気になるのは寝ている間の咳・・!


寝ている間にも鼻水は出るようで、鼻水が喉に流れて咳が出てしまうそう。
夜中の睡眠中でも寝ながらコホコホしていたのでかわいそうでした。

横向きに寝た方が喉には優しいようですが、子どもですからなかなか思うようにいかず。
一緒に寝ているとやはり気になるため、子どもがRSウィルスの症状が出ている間はパパママも睡眠不足気味になりました。

薬は粉薬と貼るタイプ

くすりのイラスト


RSウィルスで処方された薬は鼻水を出しやすくする薬と、気管支を拡張させる貼り薬。
抗ウィルス薬はないため症状をやわらげるための対症処法となります。

薬を飲むのは初めての我が子・・
最初はシロップで出してもらい何度か飲んでくれたんですが、味が気に入らないのかぺっと吐き出してしまうように。
先生に相談すると粉薬タイプでダンゴにするようすすめられました。

粉薬を乳児に飲ませる方法


粉薬ダンゴの作り方は簡単。
個包装の粉薬を袋の角の一か所に集めます。
袋の上部を切り取り、清潔な指に水をつけ1~2滴を薬にたらします。
そのまま指で練って指先にまとめれば粉薬ダンゴの完成!

指先にダンゴをつけた状態で子どものお口をあーんと開けてもらい、上あごの少し奥の方にくっつけます。
そして水を飲ませれば自然と薬を飲んでくれます。

粉薬の量や質によって水の量を調整してください。
何度かやっていると扱いやすい硬さが分かってきます。

良識ネコ

シロップがダメでも粉薬ダンゴなら飲んでくれる!という子も多いみたい!



我が家は粉薬ダンゴにだいぶ救われましたね。
そして私は粉薬ダンゴ職人になれるくらい上手に作れるようになりました(笑)

スポンサードサーチ

微熱はすぐ治まる
咳も数日間
鼻水のみしつこく続く・・


薬を飲んで寝かせて、熱はすぐにおさまったものの鼻水と咳はしばらく続きました。
”こんなに長期間薬を飲んでも大丈夫!?”
と不安になりましたが、もちろん小児科の先生が処方する量なので問題ありません。

今週一週間は鼻水出てない、治ったかな?

鼻ズルズル・・やっぱりまだ治ってない

受診して薬を飲む・・
トータルで数カ月間、薬を飲んだり飲まなかったりの繰り返しで結局全く薬がいらなくなったのは春先のこと。

おそらく冬の時期の保育園ではRSウィルスの他にも様々なウィルスが蔓延していて、全員が同時期に完治する以外にはおさまることはないのかと思われます。

良識ネコ

RSウィルスは一度感染しても再感染するウィルス。
この感染力としぶとさ・・”保育園症候群”の大きな原因のひとつじゃないかな~


鼻水はすばやく対処するのがベスト!


ほかの呼吸器系の感染症も一緒ですが、RSウィルスの予防法&対処法は手洗いとうがい、手掌消毒が基本です。

それに加え、RSウィルスは鼻水の症状が目立つことが多々あるため、鼻水の対策が必要です。
鼻水は中耳炎などの原因にもなるため、できるだけすばやくとってあげることが大切です。
まだ鼻がかめない赤ちゃんは吸うタイプのこんなものが便利。

鼻を上手にかめるようになるのは3歳くらいなので、こちらは長く使えるおすすめの育児グッズです。

生理食塩水を使うと鼻水が取れやすくなりますよ。
お風呂上りにも取れやすいので、冬の時期にはお風呂上りに鼻水チェックをしてあげるといいですね。

スポンサードサーチ

まとめ


RSウィルスの感染は誰もが通る道。
重症化の可能性もあるので、体調に不安がある場合は早めに小児科を受診しましょう。

かなりしぶとく蔓延しやすいウィルスなので長い戦いになることもありますが、あたたかくなる頃にはウィルスも弱るうえ、子どもの年齢が大きくなるにつれ症状も軽くなります。

根気よく(特に鼻水取り・・!)対処していきましょう。

お読みいただきありがとうございます。それではまた。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です