PMS改善法

『チェストベリー1000』ハレバレ(HAREBARE)サプリを使った感想・PMSのイライラにとっても効果あり!

ハレバレのチェストベリー1000のサプリメント

以前PMS症状におすすめのサプリとしてあげたハレバレのチェストベリー1000。
今回はより詳しく実際に使ってみた感想・効果や体に起こった変化、どんな人におすすめか、ハーブティーとの違いなどを紹介します。
サプリメント選びの参考にどうぞ!

ハレバレ・チェストベリー1000とは?


古くから女性の不調の緩和に取り入れられてきたハーブ、チェストベリー。
植物全体をチェストツリー、その実がチェストベリーと呼ばれます。

PMSや更年期などの女性特有の悩みに特化したチェストベリーのサプリメントはたくさんありますが、こちらのハレバレのものはチェストベリーの含有量が他のものと比べるととても多いんです。

チェストベリーサプリは1日40mg程度のものがほとんどですが、こちらのチェストベリー1000は1日分で164mgのチェストベリー濃縮エキスが摂取できます。

多すぎても心配?
チェストベリー摂取過多にはならないの?


以下、公式サイトより一部内容を引用いたします。

いくら体にいい成分でも多ければいいってわけではありませんよね。
”体の負担にならないのか?ちょっと心配・・”
と思われた方、ご安心ください。

チェストベリー濃縮エキスのサプリで1日40mgのものが多いのは、1986年のドイツの実験で使用された数値がこの40mgだったため。
特に基準として定められたものではありません。
2002年ルーマニア・2005年スウェーデンでの実験では100~160mgの数値で実験が行われていて、1日164mgも安全に使える範囲とされています。

また、1日に60mgのチェストベリー濃縮エキスの摂取を行うことで症状が落ち着く、というデータもあります。

チェストベリー1000は1日分目安(4粒)でチェストベリー濃縮エキスが164mg摂取できます。
様子を見て減らすことも可能です。

パッケージには1日2粒~4粒、初めての方は1粒からお試しください、と表示があります

チェストベリー1000
2大成分・セントジョーンズワート


チェストベリー1000の2大成分・・チェストベリーともうひとつはセントジョーンズワート。
気持ちを穏やかにするハーブとして、うつや不眠などの症状緩和に古くから使われています。

体質によってもまちまちですが、チェストベリーはゆるやかに、セントジョーンズワートは即効性がある傾向にあります。

チェストベリー1000を実際に飲んでみた感想


産後2年半過ぎた頃からPMS(特にイライラ)がだんだんひどくなってきた筆者が実際にチェストベリー1000を購入し飲んでみました。
ご検討中の方の参考になればと思います。

チェストベリー1000の即効性にびっくり!


チェストベリー1000をAmazonで購入し、翌日に到着。
ちょうど生理前(5日ほど前)だったので早速飲んでみました。

”1日2~4粒ね、じゃ2粒・・”
と2粒口に入れたら(初めての方は1粒からお試し~)の文言が目に入り、一瞬迷いましたがそのまま2粒飲みました。

ハーブの香りが強め、口の中に長くとどめておきたいフレーバーではありません(笑)
でも小さめ粒で飲み込みやすく、錠剤を飲むのが苦手な人でも安心ですね。

ハレバレのチェストベリー1000サプリメントの錠剤
約8mmくらいの飲みやすいサイズ



そして飲み始めて数分で変化が。
気持ちがどんどん穏やかに・・
そして穏やかを通り越して眠くなってきました(笑)

休日だったので娘に断り横にならせてもらいました。
今まで飲んできたサプリ(PMS以外のものも)って、”飲むと何となくいい・・かも・・?”程度のものが多く、ここまで即効性がありはっきりと変化があるのは初めてで驚きました。

即効性はおそらくセントジョーンズワート


この即効性は気持ちを落ち着かせるハーブ、セントジョーンズワートによるものだと思います。
私はセントジョーンズワートが効きやすい体質なのか・・
でもその昔、20歳頃に大手健康食品メーカーのセントジョーンズワートサプリを飲んだときは即効性どころか1袋飲み終えてもほとんど変化を感じなかったんですよね。

(チェストベリーとの組み合わせのためなのか、商品や質の違いなのか、私の体質が変わったのかは分かりませんが・・)

とにかくこのハレバレのチェストベリー1000は私にとって即効性があり、しかもとても眠くなるものなので『夜寝る前に飲むのがいい』と1日にして悟りました(笑)

この日はイライラとは無縁の1日になりましたが、眠くて元気いっぱいの娘と遊ぶのがしんどかったです(笑)

眠るアライグマ

即効性の次は・・目覚めの良さにびっくり!


初日の失敗をふまえ、翌日は夜寝る前、1粒だけ飲みました。
寝つきのよさや眠りの深さの変化は体感として特に感じなかったんですが、次の日の朝の目覚めの良さ、疲労感のなさに驚きました。

早起きの娘にたたき起こされて毎日しんどかったんですが(特に生理前は苦痛・・)この日はすんなり起きることができました。

常に眠りが浅めの私は軽く感動ものですね、なんていうか・・
”健康で深い眠りができる人ってこんなに体も思考もすっきりするものなのか”・・と(笑)。

頭もすっきりしているので仕事もはかどるし、いつも昼食後は眠くて仕方なかったのに眠気に襲われることもなく、20時頃にちょっと疲労感を感じるまでは生理前と思えないくらい活動的に過ごせました。

肝心のイライラは?落ち込みにもいい?


私のPMSはイライラが主な症状だったんですが、ひどいイライラは見事に消えました。
完全になくなるわけではありませんが、声を荒げたり人や物に当たるようなあの衝動的な感情は全くなくなりました。

子どもと接していてため息はたまに出ますが(笑)
これは多少しょうがないかな、と。
(魔の2歳児・悪魔の3歳児を育てた方なら分かってもらえると思います・・!笑)

また、イライラの他に気分が落ち込んだりムダに不安になったり視野が狭くなるような症状もありましたが、こちらも落ち着きました。
細かいことまで気にしすぎるネガティブな感情もなくなり、穏やかにすっきりした気持ちで過ごせています。

副作用や他の変化はあった?


ひとつ、飲み始めてから3日間くらい若干気になったことがありました。
それは頭痛?こめかみ痛?です。
飲み始めた翌日からこめかみ辺りが少し痛い・・まではいかないけれど違和感があらわれました。

PCを使う仕事なので集中しすぎて目の疲労感が出ている?(サプリのおかげで集中できるんです)
と思い、寝る前に軽くマッサージしたり目の体操をしたり、なるべく目と周辺の筋肉を休めるようにしたところ改善されました。

結局数日でこの症状はほとんどなくなったのですが、セントジョーンズワートの副作用として頭痛とあったので、もしかすると軽い副作用だったのかもしれません。

それからこれはついでですが、軽い便秘が解消されました(笑)
お通じは普段からいい方なんですが、生理前だけちょっとだけつまりがちに。それがすっきりと出るようになりました。

気のせい?食生活などその他の要因?
とも思いましたが、他にもレビューで同じようなことを書かれている方がいたので私だけではない様子。
そういう体質の人もいるんでしょうね。
ちょっとラッキーです。

スポンサードサーチ

チェストベリー1000は生理前だけ?毎日飲むもの?


チェストベリー1000は”生理前サプリ”ですが、毎日飲んだ方がいいのか?と疑問に思いましたが、特に決まりはないようです。

みなさんのレビューを見ると、生理前だけ2粒でその他の日は1粒、など時期によって調整している様子。

私は1粒でも気になる症状はなくなるので生理前2週間だけ1日1粒、生理開始したら飲むのをやめています。
今のところこれで調子がいいのでこのまま続けていく予定です。

ちなみにこのペースだと1袋120粒が5周期持つことになります。
私のような人にとっては特にコスパがいいですね。ありがたい・・・

チェストベリー1000はこんな人におすすめ!


チェストベリーは体質によって得られる効果がまちまちです。
特にチェストベリーサプリが向いている人は女性ホルモンのプロゲステロンが不足しているタイプの人。
どのホルモンが不足しているのか分からない・・
そんな人のためにプロゲステロン不足になるとどんな症状があらわれるのか見てみましょう。

プロゲステロン不足による症状

  • イライラ・短気
  • 不安
  • 筋肉の緊張
  • 緊張や不安からくる不眠
  • 下半身のむくみ
  • 乳房痛
  • 月経過多

上記のような症状が多く出る方はプロゲステロン不足の可能性があり、チェストベリーサプリの効果が得られやすい傾向にあります。

逆にエストロゲン不足の場合の症状も見てみましょう。

エストロゲン不足による症状

  • 疲労感
  • ほてり
  • 思考がはっきりしない
  • 記憶障害
  • 膀胱炎
  • 膣のかわき


エストロゲンは40代以降減少し、更年期障害の症状があらわれます。
こちらの症状の方が気になる方であれば更年期向けのサプリメントの方が適しているでしょう。

命の母Aは有名で評判がいい更年期向けの商品ですね。

スポンサードサーチ

チェストベリー・ハーブティー
それぞれの特徴


ハレバレのチェストベリー商品はサプリメントタイプと、ハーブティータイプがあります。
それぞれの特徴をみてみましょう。

チェストベリー1000のサプリとハーブティー
どちらを選ぶべき??


サプリメントタイプのいいところ

  • 手軽に飲める
  • 量が調整しやすく無駄がない
  • 持ち運びしやすい
  • コスパがいい

ハーブティータイプのいいところ

  • 飲んでいる時間がリラックスタイムになる
  • ルイボスやカモミール、ダマスクローズなど美容にいいハーブがたくさんブレンドされている
  • 豆乳を入れたりアレンジが楽しめる


手軽さ・コスパのサプリメント、リラックス・美容のハーブティー・・
こんなところでしょうか。

↑15包入り。1包で100mgのチェストベリー抽出エキスが摂れます。

まとめ


20代後半にひどいPMSに悩まされ、漢方(加味逍遥散)を数年服用し、その後ピル(トリキュラー)を使用したことがある筆者ですが、このチェストベリー1000は使用感・金額ともにとても満足のいくものでした。

漢方は効果が出るまで時間がかかるとのことで数年飲みましたが、体は温まって体質にはあっていたようですが、肝心のイライラは『飲んでいない時よりはいい気がする、かも』程度でした。

ピルは初日の副作用(吐き気)が酷かったけれど、イライラや落ち込みには効果抜群でした。
1年ほど飲んでやめてみたら飲み始める前より症状がかなり軽くなったのも嬉しい効果でした。(産後の今はぶり返してしまいましたが)
ただ薬を飲み続けるということ、歳を重ねると血栓症のリスクが高まることが気になるところです。むくみもけっこうでました。

漢方が体に合わない・効果がゆるやかすぎる、という方や薬を飲むのに抵抗があるという方に、体に穏やかでも効果がちゃんと実感できるハレバレのチェストベリー1000は特におすすめです。
イライラに悩む方は試してみる価値ありですよ。

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です