婦人科系疾患

開腹手術後の注意点・仕事復帰はいつから?卵管切除オペ体験談④

婦人科臓器のイラスト

『卵巣の腫れ』と思って手術したら『卵管水腫』でした。
卵管切除オペ体験談の最後の記事です。
今回は手術・退院後の生活の注意点、術後の仕事復帰はいつからできるのか?卵管切除後の影響、卵管水腫オペでかかった費用はどのくらい?
というお話です。

前回までの記事はこちら↓

MRI検査
『卵巣の腫れ(疑)』で手術しました・卵管切除オペ体験談①初診から入院まで2021年1月に婦人科系疾患(卵巣の腫れ)で手術をしました。 入院前の検査の内容や全体の日程、キウイフルーツアレルギーなどについて綴っています。 はじめての開腹手術、人生で経験するかどうか・・なかなか貴重な体験でしたので皆様と情報を共有できればと思います。...
医療現場の人々
硬膜外麻酔は痛い?・卵管切除オペ体験談②入院~手術終了直後の様子硬膜外麻酔は痛い?手術後の患部が痛いではなく熱い!?オペ看に感激! 下腹部痛にて受診、卵巣の腫れで開腹手術をすることになりました。 前回の記事では初診~術前検査について書いてきましたが、今回は入院~手術・術後の様子(手術当日)までを綴っていきます。...
病院のイラスト
手術後痛みのピークは翌日でした・卵管切除オペ体験談③手術翌日の様子~退院まで硬膜外麻酔を外す時は痛いのか? 点滴で腕が腫れあがった! 下腹部の痛みから婦人科で『卵巣の腫れ』が発覚し開腹手術をしました。 3記事めは手術翌日の様子~退院までです。...


手術・退院後の注意点

重い荷物を持つクマのイラスト


退院が決定したのち、退院後の生活についての説明がありました。
いちばんの注意点は”1カ月間は重いものを持たない”こと。
重いものってそんなにお腹関係あるかな?って感じですが、予想以上に腹圧がかかるんでしょうね。
私の場合、日常生活で重いものを持つことと言えば・・
スーパーでの買い物子どもの抱っこに注意だな。あと洗濯物も意外と重いので気をつけないと・・

ふたつめは”長時間の車や自転車の運転はさけること”
長時間同じ姿勢でいることは腹圧がかかるのでよくないようです。

あと”排便でいきみ過ぎないこと”も。
便が硬めだったり便秘がちな人は注意ですね。
退院前に申告すれば整腸剤を処方してもらえます。

それから産後もそうですが、婦人科系の手術でよくあるのは”1カ月間は湯船禁止”
私は今回の手術では子宮には触れていないため退院すぐから湯船OKでした。
(冷え性にとって真冬だと特に重大な事柄ですね)

その他は・・
◆発熱した場合
◆出血や痛みがあった場合
◆白いおりものやかゆみが出た場合(抗生剤によりカンジタになることがある)
などは受診して下さい、と言われました。
ただし婦人科系の手術のあとは生理周期が変わることがありいつもと違うタイミングで生理がくることもあるようです。
(ちなみに私の場合は術後も同じ周期で生理がきました。変化なしでした~)

開腹手術後の仕事復帰はいつから?


退院から約一カ月後に再診を受けます。
基本的にはここまで自宅安静が目安です。
そこで順調であれば医師より仕事復帰許可がされるようです。
入院も含めて1カ月ちょっと・・けっこう長いお休みになりますよね。

※仕事内容によっては早い復帰も可能です。医師に確認しましょう。
(私も退院10日後あたりからちょこちょこ短時間のブログ作業をしています)

腹腔鏡手術の場合の仕事復帰

腹腔鏡手術であれば傷が小さく回復がはやいため、開腹手術よりも早い復帰が可能です。
だいたいの目安は退院後の自宅安静は1週間ほど、激しい運動は1か月ほど期間をあけるよう指示されることが多いようです。


婦人科手術後の夫婦生活の再開については1~2カ月くらいは控えた方がいいそうです。
(子宮全摘手術の場合は3カ月)

もちろんこれは目安。
仕事復帰や夫婦生活の再開のタイミングは術式や経過によっても異なりますので主治医に確認しましょう。

手術して退院後の様子
体力がなくてすぐ疲れる・・!

疲れて横たわる女性のイラスト


術後4~5日、病室では普段通り元気!(まだちょっと痛いけど)
と思っていても、いざ退院して日常生活を送るとなるとすごく疲れる・・!

立ちっぱなしで料理や洗い物をしたり洗濯したり・・ただの家事がけっこうな大仕事に感じました。
退院から5日間くらいはすぐ疲れてしまい、夜は子どもと一緒に20時に就寝していました。

手術の傷を治すため体力を使うし、1週間の入院で横になっている時間が長かったため筋力が落ちてしまうんでしょうね。
あと精神的にもパワーを使いましたしね・・

入院までに時間に余裕がある方は冷凍できる食事のストックなど準備しておくといいかもしれません。

もうすぐ退院から3週間ですが、痛みを感じることはほぼなくなり、やっとそろそろ通常の体力を取り戻せそうです。
再診してOKが出たら体力づくりの運動をします!

入院中の退院手続きの説明の際、退院後の生活サポートの必要性に関してお話がありました。
病院によっては退院後のサポートに力を入れているところもありますので、退院後の生活に不安がある方は支援相談をしましょう。

スポンサードサーチ

手術後、お腹がぽっこりしている・・


退院してふと気づいたことが。
『お腹(下腹部)がぽっこりしている・・!』

太ったわけではないのに(むしろ入院時より筋肉が落ちているので体重は軽くなっている)かなりプロポーションが崩れたように感じられました。
下腹ぽっこり&ウエストのくびれも減少・・・

これは手術による傷の影響とお腹の筋力が落ちたことが原因と思われます。

元気になってきて徐々に運動量が増えた退院後3週間の今、体型はほぼ元通りです。

良識ネコ

完治したら体力づくりの運動+筋トレをするぞ~




完治したのにお腹ぽっこり・・な場合は体幹を鍛えるためにヨガなどやってみるといいでしょう。

卵管切除後の影響


今回私は卵管を左右とも完全に切除しました。
卵管は受精卵の通り道。
ここがなくなったため、自然妊娠の可能性はなくなり妊娠希望であれば体外受精が必要、との説明を受けました。

卵巣はそのままなので、更年期が早くくるなどホルモンバランスの影響はないでしょう、とのことでした。
逆に言うと卵巣を摘出した場合、ホルモンバランスが崩れ更年期障害の症状(のぼせ・イライラ・立ちくらみ・不眠・頭痛・肩こりなど)が出ることがあるようです。

スポンサードサーチ

月経カップは婦人科系疾患の原因になる?

月経カップのイラスト


また、ちょっと気になっていたことも医師に確認してみました。
このブログで以前に何度か紹介している『月経カップ』
この月経カップの使用が今回の卵管水腫の原因となったり何か影響があったのか?ということです。

医師の回答は”関係ないでしょう”、と。
月経カップでのトラブルであれば菌などによる炎症系・・卵管炎などとなったはずです、とのことでした。
今回の卵管水腫の原因は以前に患った腹膜炎による卵管の癒着が影響していそうだ、と。

まあなんとなくそうだろうな、と思っていた通りの回答でした。
月経カップは卵管水腫の原因ではないんですね。
使用時間・煮沸消毒など、衛生面に気を付ければ問題なく使えるようです。

卵管切除オペと入院でいくら支払ったか


今回の卵管切除オペと8日間の入院で、高額医療の助成を受け窓口での支払いは12万円ちょっと。
所得額により自己負担額は変わるものの、ネットで調べた金額より安いな、という印象でした。
(事前に調べた金額は18万円前後でした)

私の場合は予想されていたより難しい手術ではなかった(他の臓器への癒着があまりなかったそうです)ことと、回復も順調だったため予定より入院日数が短く済んだことが影響していると思われます。

近所の婦人科の初診から、入院までの検査や健康診断で3万円ほどでした。

病気をしてしまうと出費金額も大変ですが、それに加えて働けない時間ができてしまうため収入が減ることも大きいんですよね。
子どもがいるため旦那も仕事を休んだし・・

保険入っててよかった~


スポンサードサーチ

おわりに


卵管水腫による卵管切除オペの体験談を綴ってきました。

歳を重ねると人々は健康に興味を持つようになる・・というのがよく分かる経験でした。
どんなに健康に気をつけていてもなってしまう病気もあるけれど、できるだけ防げる病気も存在します。

健康に気づかった生活習慣を送り、なるべくストレスをためず元気に過ごしていきたいと思います。

それから保険
加入してから約7年(掛け捨てではない保険です)
”入っててよかった~!”としみじみ感じました。
入院手術の実質負担額ほぼなしになったので・・
歳を取るにつれ保険内容も見直していかねば。

皆様もお体ご自愛下さい。
お読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です