育児etc.

【子供の靴おすすめ】人気&機能性に優れた子どものスニーカーを紹介!

子ども靴のイラスト

今回は子どものおすすめの靴、スニーカーを紹介します。
子どもの靴選びのポイントや定番ものやおすすめブランド・メーカーを紹介していきますので参考になれば幸いです♪

子どもの靴には出費しよう

ベビーシューズを履いた赤ちゃんの足


『子どもの靴はケチるな』という言葉を聞いたことはありませんか?

『出費しよう』と言ってももちろん高級な靴をはこう、ということではありません。
3歳頃まで子どもの足のサイズは1年で1cmほど大きくなるというスピーディーさ。
その後も成長速度をゆるめながらもどんどんサイズアップしていきます。

3歳頃までは3カ月に1度くらい、4歳以降は半年に1度はサイズをチェックし、こまめに靴を買い替える必要があります。

土踏まずが作られる大切な時期


生まれたばかりの赤ちゃん~2歳頃までは足の裏が平らな偏平足です。
~6歳頃にかけて土踏まずが形成され、中学生くらいで成人と同じような足の形になります。

また子どもの足の骨はやわらかく、普段履く靴の影響を受けやすいため、この時期にちょうど良いサイズの靴を履いていないと土踏まずがうまく作られず姿勢や全身のバランスに影響が出てしまいます。

良識ネコ

運動ができるタイプの人とか、美脚・姿勢がいい人って土踏まずがしっかりしていて足の指もまっすぐなんだよね~



子どもの将来のためにも正しいサイズの靴を履かせたいですね。

靴はいつから履く?
子どもの靴は大きく分けて3段階


子どもの靴は大きく分けて3段階に分かれます。

つかまり立ちや歩き始め頃のファーストシューズ(11~13cm)
歩き始め頃のベビーシューズ(12~15cm)
走ったり活発な時期のキッズシューズ(15~21cm)

サイズに合わせてそれぞれ特徴が違うタイプのシューズに変化していきます。
つかまり立ちに慣れてくる頃に靴を準備するといいでしょう。

子どもの靴を選ぶポイント


子どもの靴を選ぶ上でのポイントを紹介します。

少しだけ大きめを選ぶ

子どもの足のサイズを測るイラスト

子どもの靴は実際の足のサイズよりも5mmほど大きいものを選びましょう。
どうせ大きくなるんだから・・と大きすぎるものを履かせてしまうと脚に余計な負担がかかったり、不自然な歩き方のクセがついたり、理想的な土踏まずの形成を邪魔してしまいます。
小さい靴を履かせていても足の成長の妨げになったり変形の原因になってしまいます。

↓子どもの年齢別の足のサイズ一覧はこちら。
足の大きさには個人差があるためメジャーで測るのがいちばんですが、プレゼントなどで足のサイズが直接測れない場合の目安にしましょう。

子どもの足のサイズ・年齢別一覧表

  • 3~6カ月頃・・10~12cm
  • 6カ月~1歳頃・・11~13cm
  • 1歳~2歳頃・・12~14cm
  • 2歳~3歳頃・・13~15cm
  • 3歳~4歳頃・・14~16cm
  • 5歳~6歳頃・・17~18cm
  • 7歳~8歳頃・・19~20cm
  • 9歳~10歳頃・・21~22cm
  • 11歳~12歳頃・・22~24cm

足の長さに加え足囲(横幅・甲高)もチェック


指先からかかとまでの足長のサイズが最重要ですが、足の横幅と甲の高さも違いそれぞれ合う靴の形が変わってきます。

出典:足のお悩み百貨さん



足幅、足囲の測り方はこちら↑
やわらかいメジャーで測りましょう。
それぞれの数値が分かったら下の表に当てはめてみます。

出典:サロン美足さん


↑表の右に行くほど幅広タイプの足ということになります。
”幅はそこまでないのに足囲が大きい=甲が高い・・”
など足のタイプを確認しましょう。

ただし子どもの靴は大人の靴のように細かく『2Eタイプ』など表示されて販売されていることは少ないため、足の形の傾向をおおまかに知っておけば大丈夫です。

良識ネコ

靴のサイズで言われる”ワイズ”とは足囲のことだよ。

サイズ(足長)とワイズ(足囲)を知って大まかな足の形を知っておくと靴選びがスムーズだね♪


足の形別おすすめの靴メーカー(イメージ)

  • 幅広&甲高タイプ・・
    アシックス、ムーンスター、イフミー、アキレス(瞬足)
  • 甲高タイプ・・
    アキレス(瞬足)
  • 幅狭タイプ・・
    アディダス、ナイキ、プーマ

ブランドの中でもシリーズによって形の違いはありますが、ざっくりしたイメージはこんな感じです。

日本人の足は幅広・甲高タイプが多いため、日本のブランドの靴はころっとした印象のものが多め、ナイキやプーマは足長の割に幅が狭くシュッとした印象のものが多いですね。

※アシックスやムーンスター、アキレスでも『ナローモデル(幅狭モデル)』も出していますのであくまでもメーカー別のイメージです。

自分で着脱しやすい靴を選ぼう


2歳頃から自分で靴を履きたがったり、教育のために自分で履かせたいと思うようになりますよね。
子どもが自分で着脱しやすいマジックテープのタイプがおすすめです。
マジックテープタイプは多少の調整も効くのでフィット感もいいですね。

良識ネコ

余談ですが・・

我が子(3歳児)は2歳頃は夢中で自分で履いていたのに、今は・・
『バブバブ・・ママが履かせて~』
など言って甘えてきます(笑)



そんな時期もあるんですね~(ふう~・・笑)

中古の靴は足に良くない


靴はしばらく履いていると足の形に合わせて変形します。
特に子ども用の靴はクッション性が高いため、大人の靴よりも変化しやすくなっています。
おさがりや中古の靴など誰かが履いた靴は変形後の形が出来上がってしまっていることが多く、新しく履く足にはちゃんとフィットしてくれない可能性が高いのです。

良識ネコ

子どもの靴・・
こまめなサイズ交換だけじゃなくてそういう意味でも『出費が必要』なんだね~

スポンサードサーチ

子どものおすすめスニーカー

機能性で選ぶならこれ!
IFME(イフミー)


スポーツ科学により開発された日本の子ども靴のブランドIFME。
早稲田大学教授監修の元でつくられたスニーカーは日本人の子どもの足の健康を第一に考えて作られています。

”ウインドラスソーサー”という土踏まずのアーチの形成を促す高機能の中敷きが特徴です。
機能性が高く丈夫なのに価格は良心的なのが嬉しいですね。

形は幅広タイプの足のお子様におすすめです。

IFMEはファーストシューズ(11.5cm)~キッズシューズ(21cm)まで、成長に合わせた3ステップの子ども靴がそろっています。


↑大人気の新幹線モデル。

↑ガーリーなデザインもあります。


↑ベビーサイズ(12cm~15cm)はウインドラスソーサーに加えて”キネティックベルト”という足のブレやねじれを防いでいくれるタイプもおすすめ。
着脱させやすくフィット感がよいと好評です。

おしゃれキッズ御用達
NewBalance(ニューバランス)


ニューバランスは10年以上前に服飾に強いセレクトショップへの進出が成功し、それまでのスポーツに特化したようなブランドイメージをガラっと変え、現在の”オシャレスニーカー代表”と言える地位を築きました。

豊富なカラーバリエーション、シンプルなデザインで服に合わせやすくオシャレなママたちからとても人気があります。
バリエーションが豊富なためあまり人とかぶらない・・という利点もあります。

もちろん見た目だけでなくスポーツブランドだけあって機能や履き心地も申し分なし。
価格帯も手頃なので(現行モデルはたまに高騰化しますが・・)子どもに履かせやすい靴ですね。

形は・・
標準~やや幅広のWタイプ
やや細め~標準のMタイプ
幅広のXWタイプ
があります。
(Mタイプが選べるのはYV996というシリーズです)

・・が、ニューバランスの子ども靴は基本的にはWでも標準的な幅のものが多く、たまに狭めのシリーズもある・・といった印象です。


↑定番の『996』シリーズ。
幅はWタイプ(標準~やや幅広)。
カラーが本当にたくさんあるので、親子ともども気に入る一足がきっと見つかるはず。
996は大人用(メンズ・レディースともに)も定番アイテムのため、親子でおそろいコーデもできますね。


↑ニューバランスの『313』は子どもの足の成長と歩行サポートを考えて作られたキッズサイズのシリーズです。

996と313の違いは・・


313の方がスポーティーでシュッとした見た目。
ですが形は996より少しだけ幅広になります。

ソールは313の方が厚めで凹凸が大きく滑りにくい仕様&かかとを立体的に包む設計でねじれを防ぎ歩行をサポートしてくれます。

活動的に動き始めた子どもにぴったりのシリーズですね。

良識ネコ

996はデザイン重視orベビーシューズ、313はたくさん動くようになる2歳頃~のキッズのイメージかな。

どちらもWタイプだけど、996は標準的またはやや細めで幅広ではない、という意見も多いよ。



ちなみに我が子はニューバランスの996がお気に入りでよく履いています。
3歳4カ月・足長15.5cm・足囲15.8cm・足幅6.4cmの1Eよりちょっと広いかな、くらい・・
子どもの足のワイズの平均が2Eくらいだそうなので、やや細身タイプの足ですが996も問題なく履けています。

子ども心を掴むコラボデザインと安定の機能性
asics(アシックス)


日本人の足の形によく合うと定評のあるアシックス。
ベビー~キッズには子どもの足の成長・正しい歩き方をサポートしてくれる『スクスク』シリーズがおすすめです。

子どもの足の成長を考えた機能性と、ディズニーなどのコラボデザインが融合。
子ども心をつかんで離さないでしょう。

幅は日本人の足に合うスタンダードタイプが豊富にあり、幅狭タイプの『メキシコナロー』モデルもあります。

ちょっと細身の足の我が子の場合、スタンダードだと”けっこうマジックテープ余るな”といった印象です。


↑やわらかい赤ちゃんの足を包み込むスクスクのファーストシューズ。
つま先を大きく巻き上げているタイプのため、ひっかかりにくくつまずきづらい設計になっています。
カラーも豊富で11.5~13.5cmのサイズ展開です。

↑スクスクの『アイダホ』シリーズはデザインが豊富。
子どものお気に入りの一足が見つかることでしょう。
幅はスタンダード。
13~15.5cmのベビー向けと16~20cmのキッズ向けどちらも同じデザインがあります。


↑メキシコナロー(足幅狭め)タイプ。
ナロータイプもベビーとキッズどちらも同じデザインがあります。

走り出したキッズたちに!
瞬足(シュンソク)


”瞬足(シュンソク)”という速く走れるスニーカーが大ヒットしたアキレス。
子どもたちから絶大な支持を受け続け、定番となりました。

速く走れる秘密は”左右非対称ソール”。
左回りのトラックを走る際に力が最大限に発揮されるよう設計されています。

速く走れるという瞬足シリーズだけでなく、低年齢向けの足の成長サポートのための”足育シリーズ”もあります。
他にもスタイリッシュなデザインを追加したSLシリーズ、シューズのカラー指定がある学校でも使いやすい瞬足for scool、大きなサイズ展開で大人のファンも多い瞬足ジャパン・・などなどシリーズがたくさんあります。

足幅はD~3Eまであり、スリム・レギュラー・ワイドタイプから選ぶことができます
(特に細身・Dの女児のものは『シンデレラフィット』として展開されています)

ここまで細かくワイズ設定をしているキッズシューズは珍しいですね。
これならぴったりフィットするものが見つかるはず。


アキレスと順天堂大学スポーツ健康科学部バイオメカニクス研究室と産学協同開発により生まれた、足の正しい成長を促す『足育シリーズ』。
3~7歳のお子様はこちらがおすすめです。

良識ネコ

左右非対称ソールはコーナリングで発揮されるもので、もちろん普段の生活で履いていても足に影響があるわけではないから安心して履かせられるよ。



まとめ


今回は子どものおすすめの靴や作選びのポイントを紹介してきました。

子どもの将来のために、足のサイズチェックを怠らず、子どもの足が常に快適な状態でいられるようにしたいものですね。
(と、自分にも言い聞かせてみる・・笑)

お読みいただきありがとうございます。


幅狭・甲低足の子ども靴のおすすめはこちら↓をどうぞ

足の幅を測るイラスト
幅狭・甲薄(甲低)の子どものおすすめの靴・スニーカー紹介!幅狭・甲薄(甲低)の子どものおすすめの靴・スニーカーを紹介します。 ナローモデル・細身の靴・履かせやすくて履き心地がいい人気があるのはどのメーカー?...
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です